ねこやま考古

まだ残っているものがあるかもしれない

CloudCompareの日本語化

CloudCompare日本語ファイル0.1.6を公開しました

テーブルの内、68/80が終わりました。いよいよ一旦のゴールが見えてきた感じです。と言っても最大のQobjectが…。

使ってますよ、と嬉しい連絡も頂いています。全ての機能を把握している訳ではなく、変な訳があるかもしれません。

へえ、と思ったのはWaveformのところ。LiDARデータの処理がCCでどのくらいできるのか、という所で気になるところです。LiDARによる三次元計測には重要な箇所ですが、Wavefoamに対応したLASデータが入手できていないのでじっくりとはいかず。むむー。

今回は来週から調査に行く某所のLiDARデータを発見したので解析してみました。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください