ねこやま考古

まだ残っているものがあるかもしれない

手に入れてみた 考古工学 試行錯誤

Drogger VRSCを試す(中編)

組み立ては付属のアンテナを本体につけて、電源コードをつけたら終わり。簡単すぎる…。

アンテナは利得いいのに変えちゃえ、とか思ってたりもするのですが、L6のアンテナ、いいのがあるのかどうかなというのがまだよくわかりません。いい情報お待ちしております。グランドプレーンは必須ですね。

Photo by Kaneda Akihiro on March 03, 2021. May be an image of camera and outdoors.

移動局は普通にいいアンテナに変えてみました。さて、これでどうなるか。

VRSC側はUSBで給電してポールに固定して放置。移動局キャスターホストの設定でDrogger VRSCを使う、を設定して移動局を立ち上げてちょっと経つと…。

あっという間にFloat解に。数分待つと効果音がしてFIX解。推定精度おおお。

簡単すぎね?

今までのおいらの苦労は何だったんだ!!!!!

ということで、出力確認します。うーむ。ちゃんと吐いてる。

次に続きます。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください