ねこやま考古

まだ残っているものがあるかもしれない

きになる 読書記

Airborne laser scanning raster data visualization: A Guide to Good Practice

月末の締め切りでそれどころじゃないんだけど、こういう時に限って面白そうな本がぶち当たる…。

Airborne laser scanning raster data visualization: A Guide to Good Practice

https://zalozba.zrc-sazu.si/sites/default/files/pkc014_kokalj.pdf

空中LiDARのデータの可視化についての本。原理とかも紹介しているみたいでじっくり読みたいけど、時間今ないので忘備録。本の構成も素晴らしい。こういう本いいナア。

三次元データの表現手法、可視化については、もう少し踏み込んで研究をしたいと思っているのだけど、新領域もあるし、某大学の先生にも声掛け頂いているので、ちょっと相談したい。

読めないので、メモ代わりに紹介。だれか読んだら教えてくださいませ。

書名から、かのADSの定番シリーズかと思ったら、違うようである。。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください